ホープノアニュース
《文滙報》ホープノアCEO王剛へのインタビュー
时间: 2018-09-06
日本は強力な医療研究開発と治療能力を持っており、アメリカと肩を並べる医療水準を有する国である。日本政府はこの強みを生かして医療市場の開放と外国人の来日治療を促進するため、2010年6月に医療ビザを含む一連の措置を講じた。4年を過ぎた現在どうなっているのか。《文滙報》記者は先日比較的早い段階で日本の権威医療機関を中国に紹介したホープノアCEO王剛氏にインタビューを行った。王剛氏はアメリカの高額な医療費と中国からの遠い距離が海外医療を求める患者に制限をかけてきたと指摘した。日本医療レベルの高さは疑う余地もなく、2013年世界衛生組織の各国医療水準ランキングでは上位を示しているのみならず、2013年Gallupの対世界職業モラルランキングにも上位を示している。日本のサービス質も世界トップレベルである。日本の一番の強みは医療費の安さにある。日本の医療費水準は先進国の中でも比較的下位に位置しており、一般的な重疾患手術費用は500万円前後、約30万元位、アメリカの5分の1若しくは10分の1になっている。
 
王剛氏はホープノアが日本医療資源を紹介する前、中国人の先進国での治療費は法外な値段になっていた。しかし、私ともの日本医療資源の導入により、海外権威医療サービス値段を大幅に下げる効果をもたらした。日本は先進国の中で比較的医療費が低い国である。重疾患、例えば開胸頭蓋手術は、全部の費用を合わせても一般的に500万円以内で、人民元で約30万元でなる。国内で比較的知られているPET-CT検査を比較してみると、国内検査費用は11,000-13,000元前後で、日本で検査した場合の費用は12,000間前後になっており、国内の費用とほぼ同額である。更に重要なのは日本で治療を受ける場合、各検査、治療はその時の必要性に応じて行われており、過度医療の現象がなく、患者さんを安心させる。
 
その他、日本と中国は近く、北京と東京の距離は飛行機で3時間15分で、重疾患患者にとっても負担が低い。私ともの多くの患者はワンクールが終わったら中国に戻って休養をとり、次の治療が始まったら、又日本に飛んでいく。しかし、アメリカの場合は十何時間の飛行機移動時間を要し、アメリカ権威M病院治療の場合は乗換えも含めて、二日間の移動時間を必要とする。重疾患患者にとっては、かなりの負担になり、一般的にアメリカで治療を受ける患者はアメリカでの長期滞在を余儀なくされる。
 
以前、海外医療と言うと多くの方はアメリカしか知らず、アメリカでの治療は膨大な資金を必要とし、その金額は治療費数百万、看護生活費何十万と言う値段で、一般的な中産家庭はなかなか利用できる状況ではなかった。しかし、現在ホープノアの日本権威医療資源の導入により、海外医療は“極少人数富豪”の専属ではなくなった。
 
王剛氏は、私ともは2011年から二年半時間をかけて大量な準備作業をすすめ、日本の権威医療機構を中国市場に導入することができた。今現在、中国患者の日本権威機関での治療サービスはスタートしたばっかりで、今から上昇段階に入る。ホープノアの合作機構、日本ランキング上位の癌治療センターがん研有明病院を例にとると、がん研有明病院の2013年受け入れ中国患者数は72名に達している。現在日本権威病院の中で中国患者を比較的多く受入れている医療機関である。


特記事項:ユーザーと医師のプライバシーを保護するために、テキストの名前と画像はプライバシー保護されています。この記事は、Hopenoah(北京)有限公司及びユーザー自身に帰属します。Hopenoahの許可なく転載することは固く禁じられています。そうでなければ、法的責任を追及する権利を留保します。
免费人成在线观看播放A,边做边对白在线播放边做,日本一区二区高清AV中文,日本免费最新高清不卡视频
<蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链>